~悠の徒然ブログ~

日々生活していて思ったこと、勉強のことなどについて適当に語っていきます。コメント歓迎いたします。

大学受験 数学 参考書

以前私は大学受験の数学についての勉強法を紹介しました。

そこではできるだけ様々な参考書に手を出さず

効果的な努力で楽しみながら数学の実力をつけることを

意識して書きました。

 

今回は上記事で紹介している「月刊 大学への数学」が合わない人(一

定数存在するらしいので)用に勉強法を書こうと思います。

 

 

 

 

初学、独学用

初学者、または自分で学校よりも先の単元をどんどん進めたいという

人にはやはりマセマ数学をオススメします。

教科書だけで理解できる場合は教科書だけでよいです。

本当に分かりやすく書かれているので

迷ったらこれを買いましょう。普通に授業で学んだ後であれば

次に挙げる青チャートで勉強を進めれば良いです。

 

解法暗記用

解法暗記の是非については先にあげた別記事を見ていただくとして

解法暗記用の参考書としては青チャートを薦めます。

 分厚くて終わらない、量が多すぎるという人がいるかもしれないが

私が以前紹介した方法でやればすぐに終わるので、先にあげた記事を

読んでいただきたいです。

 

また青チャートよりも少し詳しめ、そして難しめの問題がのっている

のがFocus Goldです。これと青チャートとどちらを選ぶかは完全に

好みで良いです。私は内容が似ている参考書なんかはやる気がでるか

で決めていました。自分で根気強く継続できそうな方を選びましょう。

 

問題演習用

ここから、以前に紹介した参考書とは変わってきます。

レベルの易しめのものからあげていきます。

 

まず青チャートの後にやるべき参考書が良問プラチカです。

 

 

 

理系は数Ⅲもやらなければならないですが、数Ⅲの理系プラチカはこ

の段階では薦めません。

なぜなら数Ⅲの理系プラチカはⅠAⅡBと比べると格段に難しいから

です。

三冊を難しい順に並べるとすれば

理系プラチカ(数Ⅲ)>文系プラチカ>>理系プラチカ(数ⅠAⅡB)

となります。時間のある文系はまず文系プラチカに手を出した後

すこしきついと思ったら理系プラチカをやった方がいいいかと。

 

では理系は何をやるのかとなりますが1対1対応をお薦めします。 

問題数もそこまで多くないため比較的短期間で完成させることが

できて、加えて良問が揃っている印象です。

キチンとすべて理解すればかなり力がつきます。

解説が堅苦しいなどの声もありますが青チャートを

しっかりこなせている人にとってはなんら問題ないです。

 

理系の人が上記の参考書をこなした後、さらに力をつけるために

やるべき参考書としてやさしい理系数学、

またはハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略を薦めます。

 

やさしい理系数学はやさしいと書いてある割に難しいということで

有名な参考書ですが、そこまで難しいわけでもないです。

この参考書の特徴としては何と言っても別解の豊富さ。

一つの問題を様々な視点から見ることができます。

 

ハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略の特徴は

解説の詳しさです。一問に対して少なくとも4ページは

割かれています。一つの問題をやることで他の問題に適応できる

応用力が効率よくつけられます。

また、問題数も少ない(二冊合わせても90問弱)ので途中で投げ出す

心配も少ない。

 

勿論、やさしい理系数学とハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略

の二冊両方をやる時間があるなら二冊やったほうがいいですけど

流石にここまでやると時間がなくなる人が多いかもしれないです。

どちらか一方をやるのだったら私はハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの

完全攻略をお薦めします。

 

 

 

文系の人は正直文系プラチカを何周もして完璧にすれば

ほとんどの大学で合格点が取れると思います。

文系プラチカを飽きるまでやったあと過去問に挑み、苦手分野が

判明したら苦手潰しに取りかかればいいです。(青チャートに戻った

り、市販の分野別の参考書に取り組む)

 

ですが、どうしてももっと難しい参考書をやりたいという人もいるかと思います。(無論他教科とのバランスも考慮した上で)

 

そういった人は先にあげた数学ⅠAⅡBの完全攻略に取り組むか

マセマのハイレベル文系・理系数学ⅠAⅡBをお薦めします。

解説がスバラシク親切な~と書いてありますが本当にその通りで

このレベルの問題に取り組む人にとっては流石にここまでの解説は

いらないんじゃないかと言いたくなるほどの詳しさでした。

解説を一度で理解できないところはないと思います。

 

まとめ

 以上で参考書の紹介は終わりです。

 

注意してほしいことなのですが数学(他の科目もそうだが特に数学)

の勉強は絶対に焦ってはいけません。

基礎を固めていないと後半の伸びは期待できないです。

最初が一番肝心なので青チャートには本当に全力で集中して

取り組みましょう。分からない所を放置するなど言語道断です。

 

数学は一番差がつく科目、これは間違いないです。

理系文系問わず数学が得意になると一気に受験が有利になるので

是非数学を得意科目にしてほしいです。

 

数学 あれこれ手を出さない勉強法 

今回は数学です。

個人的な意見ですが理系文系問わず入試で一番重要となる

科目は数学だと思います。

なぜなら番差がつきやすい科目でだからです。

何より一問あたりの配点がとてつもなく大きいんですよね。

一問解けるか解けないかで合否が決まってしまうことなんて

多々あります。好き嫌いも大きく分かれるために数学が得意な人

との差は大きくなります。

数学を制すものは受験をかなり有利に進められる人だと思います。

苦手な人は苦手意識を早めに取っ払い、得意科目にしてしまいましょう。

 

 

 

高1~高2

数学は得意になるまでに時間がかかります。

それで途中で嫌になる人は多いんじゃないですかね。

数学はわかると楽しい科目なのは間違いないですけど

高1~高2の期間に苦手意識をもつと受験生になったときに

苦手意識を取っ払うのが難しくなってしまう印象です。ですので

高3よりもむしろ高3より前の時期が大事な時期になると思います。

できれば高3は問題演習のみに時間を割きたいです。

 

つまり高1高2はできるだけ各自で授業の先取りをしてしまおうとい

うことです。その独学用としての参考書としてマセマ数学を薦めます。

 

 

もしあなたが学校の教科書だけで理解できるなら教科書だけでいいで

す。それが厳しいようだったらマセマ数学を読んでみましょう。

初学者用に丁寧にかかれています。

ⅠAⅡBⅢ(Ⅲは二冊にわかれている)で計六冊です。

大変だと思うかもしれませんが1年生のうちからコツコツやっておけ

ば問題ない量です。計画的に進めましょう。

 

マセマ数学で大雑把にそれぞれの分野を掴んだら

次は解法暗記に移ります。数学は暗記ではないという人々もいるし

それについては人によって意見が大きく分かれますが、個人的に

言うなれば数学は「最初は暗記、後思考。」だと思います。

基本的な問題の解法を暗記してからその後それらを組み合わせて難問

を崩していく、それが一番ラクだしだんだん数学が楽しくなっていく

はずです。さて解法暗記の参考書としては王道ですけど青チャートを

用います。

 

青チャートの画期的活用法

本屋などでこの参考書を見た時、その分厚さに驚きますよね。

でも心配ないです。いい方法を紹介します。

1.問題を見る。

2.問題の解法を頭の中で思い浮かべる。(ここで1分考えて思いつか

なければすぐに諦めて答えを見る)

3.答えを確認後もう一度答えを隠して解法を思い浮かべる。

 

以上です。とてつもなく簡単ではないですかね。

これだと一問あたり5分ほどしかかからないです。

あとは次の日、三日後、一週間後に見直し。(この見直しも頭の中で

解法を思い浮かべるだけ)

それぞれの復習できちんと解法を思い浮かべられたらその問題は

もう解きません。計四回も見ているのだからそうそう忘れない

です。ほとんどペンも持たなくていい。まるで単語帳を見ている

かのようにガンガンすすめていいです。

式の変形やきちんと記述できるか不安なところだけその時々に

ペンを持っていらない紙にでも書いてみればよいと思います。

 

このやり方に懐疑的になる人も多いでしょうけど

試しに1週間でいいからやってみてほしいです。

解ける問題がどんどん増えていくことが嬉しくなってモチベーション

の維持をできる確率が大きくなると思っています。

 

とにかく数学は最初は暗記。これだけは譲れないです。

青チャートなど真面目にやったら入試なんてすぐに来ます。

 

高3

ここまではマセマで数学の基礎力をつけ、青チャートで解法を

暗記した。正直この時点でかなりの問題が解けるようになってること

に気づくはずです。ここからは本格的に問題演習を始めていきます。

つまり「最初は暗記、後思考。」の思考の段階です。

参考書としては月刊 大学への数学を薦めます。

これは毎月20日に発売される雑誌です。

高3の4月から毎月購入し、中に掲載されている問題をこなします。

なんだか高校の教師の中には難しくてやるべきではないだとか

トップ層がやる参考書だとかいっている方もいましたが

本当に中身を見て言っているのか甚だ疑問です。

 

確かに難しい問題もありますが、基本的には基礎から

しっかり積み上げられるように作り込まれています。

また、問題数も少ない上に各問題には目標解答時間、レベル分け

(難易度の易しい方からABCD)がされていてやりやすいです。

 

気になる方は大学への数学のHPを見てください。

http://www.tokyo-s.jp/products/d_gekkan/

 

これを4月から毎月やりこみます。

むやみに色々な参考書をやるよりもこれを毎月これをコツコツやるほ

うがはるかに効果的だと思います。

 

大学への数学だけでは手持ち無沙汰になってしまう人もいるかも

しれない(問題も精撰されているため問題数が少なくすぐ終わる)で

す。そういう人は早めに志望校の過去問を解いて良いと思います。

過去問は最後にとっておくなどというきまりはどこにもないです。

寧ろ早めの段階で志望校の出題傾向を掴んでおいたほうが

有利になるに決まっています。

 

暇な時、休日などに赤本にチャレンジしてみましょう。

勿論焦る必要は無いです。

本格的に過去問をやり込むのは夏休み後でよいかと。

他の教科とのバランスも考えて臨機応変に対応しましょう。

 

 

 

まとめ

これで流れの説明は終わり。

紹介した参考書の種類も過去問を加えても四種で他で紹介されてるも

のよりも少ないと感じたかもしれないです。

ですがあれこれ手を出す必要はないです。

情報過多のこの時代に様々な予備校、参考書の宣伝に振り回されず

しっかりとやるべきことをやりましょう。

数学が得点源になると入試はかなり楽になります。

是非数学を楽しんで学習してください。

皆様の第一志望合格を願っています。

 

世界史 勉強法 初学から3ヶ月でセンター9割を取る

私は学校で世界史の授業というものを受けたことがないです

完全初学からの独学でした。

その時自分なりに考えたやり方で勉強したら短期間で成果がでたので

ここに記します。

 

また私はもともと理系でそこまで二次試験の世界史について詳しいわ

けではないですが、恐らくこれから紹介するやり方だけでは国公立二

次試験の世界史には太刀打ちできないです。

あくまで3ヶ月でセンター試験で9割は取れる、

という情報提供であることを念頭にお願いします。

 

ですがセンター試験で9割というのは基礎が出来ているということ

す。なので文系勢はこれから紹介する勉強法で基礎を盤石なものに

して追加で二次試験対策をすればいいと思います。

理系だろうが文系だろうが誰もが通る道ということです。

 

さらに余談ですが3ヶ月で9割と書きましたが恐らくそれより短い時間

で済むと思います。私は初め勉強法が全く分からなく試行錯誤してい

た期間があり、最初からこのやり方で勉強していればもっと早く完成

していたと思うからです。

 

<目次>

 

参考書

よく教科書を完璧にすればセンター試験も余裕ということが言われ

ます。確かにそうですよね。

センター試験の内容は教科書の範囲からしかでません。

なので教科書だけやればいい、理に適っています。

 

ですが私も含め初学者ならよく分かることだと思いますが、

初学者にとって教科書は難しすぎる。

いや難しすぎるというか世界史の教科書は

教師が教える前提で作られています。(学校で扱うのだから当然だ)

すると説明が極端に省かれるという現象が起きます。

「~が起きた。~が起きた。」の行間が全く分からない初学者にとっ

てあれを理解するには逐一流れを調べなければならないです。

 

あのそこそこ分厚い教科書をやる上で逐一調べていたらモチベーショ

ンが保てない上にいつまで経っても全体像が見えてこないです。

ですから授業を受けているならまだしも初学者にとって教科書は

不向きだと私は思います。

その一方で学校で授業は受けているがイマイチ分かりにくい、

自分で授業よりも先に進めたいという方もいらっしゃいますよね。

 

そういった人達にまず薦める一冊が「きめる!センター世界史」。

 

私は教科書で挫折した後にこちらを読みましたがとても分かりやすか

ったです。実際に手に取るとかなり分厚いように見えますが

それは厚い紙を使っているからです。

さらに文字が大きいのでむしろ教科書よりも早く読めます。

 

図やイラストをふんだんに使っていて一読で理解できました。

流石に何周したかは正確に覚えていませんが7周以上はしたと思いま

す。これ一冊でセンター7~8割は狙えます。

直前期でどうしても時間が無いという方はこの参考書にかけてみても

いいと思います。

 

私の勉強法を紹介します。

この本は12章で構成されていて私はそれを1章ずつカッターで切り

取って毎日3章持ち歩きました。そしてスキマ時間も利用して1日3

章読み進めていきます。

 

 

さて復習についてですがやはり初めてやる分野のことはすぐ忘れてし

まうので私は前日にやった章を復習しながら新しい章を進めていっき

ました。具体的に言うと昨日1~3章をやったとすれば今日は1~3

章と4~6章をやることになります。勿論復習はさらっとでよいです。

 

さらっと復習といえども1日6章を触ることになりますね。

とても大変だと思いましたか?

確かに最初は大変です。隅から隅まで読むのですから時間がかかりま

す。ですが何周もすると「ここはもう覚えてるよ....」

といった部分がでてきます。そこは飛ばして良くなるのであまり苦に

ならなくなります。

読めば読むほど周回スピードは上がっていくので大丈夫です。

 

これは入試までの時間がギリギリでどうしても短期間で結果をださね

ばならない人を想定しているので時間がある人はここまで頑張らな

くても良いですね。前日復習を行わないのであれば

4日で1周できるのですから2周目は5日前のを復習読みすることに

なります。何周も読めばカバーできる範囲かと。

 

章の題名をみたら中身が大体言えるくらいまで周回しましょう。

それだけでもだいぶ実力がつくはずです。

 

また分からない歴史用語がでてくると思います。

そういった場合に備えて用語集を用意しておきましょう。

分からなかったら後回しにせずすぐに調べることを心がけてください。

 

さらにこれは本当に直前期の話になりますが

きめる!センター世界史を読み込み、一問一答(後述)もやりこんだら

きめる!センター世界史の読み込みを終わりにして

植村センター世界史B講義の実況中継を試験本番まで読みましょう。

試験に出るポイントがまとめてあって、講義形式なので楽しく読み進

められました。図なども多くついていて分かりやすいです。

CDもついているので寝る前でも聞いておきましょう。

 

 用語、年代暗記

歴史用語を暗記するために一問一答を用います。

センターであればこれで十分です。

注意事項ですが最初から一問一答を使っての暗記は効率が悪いです。

参考書である程度流れをおさえて、用語も聞いたことがある程度の

レベルにしておくとスムーズに進みます。

個人的には「きめる!センター世界史」を三周くらいしたら一問一答

に入っていいと思いました。

1日1章やり、3日前にやった章を復習しながら新しい章を進めて

いきました。これも最初はきついですが覚えた用語に印を付けてい

き、それ以外を進めていくので段々やる量が減っていきます。

入試までひたすら周回です。

 

歴史の入試ではどうしてもある程度年号暗記が必要だと思います。

年号暗記系の参考書で絶対コレ!というのがあるので紹介。

これはイチオシです

私はこれを書店でたまたま見つけたんですけど、これには本当に感謝

しています。見開きで左ページに年号、右ページにそれに関する出来

事などが書いてあってただの年号暗記で終わらないのが良いです。

全部で4つのパートに分かれていて自分は1日1/2パート

やって二日前にやったのを復習しながら進めていきました。

二周目くらいでほとんど全て覚えられます。

そういうふうにできています。これにそんなに時間はかける必要

はないのでさっさと覚えてしまいましょう。

過去問演習

やることをやったら演習するのみ。

世界史は20分~30分で解き終わってしまうのでスイスイ進んで気持ち

がいいです。(勿論見直しはしっかり)

 

過去問演習の本ですが私は黒本を薦めます。

他にも過去問演習の本はありますけど黒本の解説はとても詳しいです。

これを遡れるだけ遡って解きすすめてください。

間違えた問題には印をつけて三日後くらいにとき直せば良いです。

 

あと私はどうしても間違える問題はメモ帳に書いて暇な時に

眺めていました。

 

まとめ

流れとしては最初に「きめる!センター世界史」をやり、

三周くらいした辺りから一問一答、年号暗記を並行でやり始めて、

(一問一答は入試本番までずっとやる。年号暗記はすぐ終わる。)

「きめる!センター世界史」が完璧になり、入試直前期(入試1ヶ月

前~2週間前)になったら「植村センター世界史B講義の実況中継」

を入試本番まで読み、それに加えて過去問演習をやります。

 

このやり方であれば学校でやるより圧倒的なスピードです。

しかも学校の授業を聞いていれば試験でいい結果が出せるかといわれ

ればそんなことはないです。(もしそうだったら授業を聞いているも

のがみんな試験本番高得点ということに)

 

結局は自分次第です。自学ができるかどうかがすべてで受け身では良

くない。しかし学校にもいいところはあります。スピードは遅いにし

ろテキストを読むよりも先生の雑談混じりの世界史の授業を聞くほう

エピソード記憶として記憶に残りやすいです。

さらに先生は世界史が好きでしょうがない人(のハズ)です。

参考書には乗っていない世界史の裏話もしてくれることでしょう。

 

だからオススメとしては自学でさっさと進めてしまった後に

学校の授業を使って復習するのが一番ですかね。

きっと学校の授業が今までよりもためになるように感じられると思い

ます。

 

以上で終わりですが、もっと良い勉強方法もあるかもしれないです。

自分なりに色々勉強法を研究するのも受験の楽しみの一つです。

是非頑張ってください。

大学受験 英語 勉強法 参考書

英語は思っている以上に重要な科目

私は英語が苦手で難関大学に合格したという人に会ったことがないです。

ネットではたまに見かけますがそういう人は数学が満点、理科が満点

といったレベルの人達です。なのでここでは英語を得意科目にする

ことを目標に書いていきます。

分野別でレベル順に書いていきます。

 

また英語に限らず〇〇大学にこの参考書は必要かと言う質問を見かけ

ますが、そんなものは過去問を解いてみて足りないと思え

ばやればよいし、そこまで高難易度の問題は出ないと思えばやらなけ

れば良いです。「まず初めに過去問を解け」と言う意見には私も

賛成です。そこからレベルを探ればよいのではないかと思います。

<目次>

単語

単語は最も重要だと言ってもいいのではないでしょうか。

単語が分からなければ長文の意味はなんとなくでさえ分からないです

よね。まず文法と平行して単語をやるのがいいかと。

単語帳はシステム英単語をお薦めします。

 

 正直どの単語帳も差異はないですがこれが他よりも少しばかり覚えや

すいと感じました。あとレベル順に掲載されているため効率もいいです。

全部で五章あって私は1日に1/2章ずつやり、前日にやった分を復習

しながら進めていきました。学校の休み時間や通学時間など利用すれば

容易い量だと思います。

 

シス単だけ完璧にしたら苦労することはなかったんですけど

どうしても飽きてしまったという方鉄壁をお薦めします。

 

量は多いですがシス単で覚えている単語に印をつけてそれらを飛ばせ

ばかなり少なくなるはずです。

イラストなども入っていて視覚的に単語を覚えられます。

アマゾンのレビューなどにも詳しく書いてあるので参

考にしてみてください。

 

文法

センター試験では第二問で直接文法を聞いてくる他、長文を理解する

上でも重要になってきます。

最初にやるべき参考書として今井の英文法教室を薦めておきます。

 本当にわかりやすく書かれているので迷ったらこれでいいです。

 

インプットした後はアウトプットが重要です。

完璧でなくともいいので、

割方インプットできたらアウトプットに入りましょう。

文法の問題集は

英文法・語法問題1000をお薦めします。

 

 

センター形式の問題が詰まっていて中には難関大の問題も含まれて

います。つまり網羅性が高いです。

そして何よりも解説がとても詳しい。

全てに言えることですけど問題集は解説の詳しさが何よりも重要です。

 

英文解釈

このへんから英語が楽しくなってくるはずです。

今まで単語文法を詰め込んできてようやく文章が読める。

そしてその中で使われている単語、文法を知っているということが自

信に繋がり、今までの勉強の成果が実感できると思います。

 

さて、肝心の参考書ですがポレポレをお薦めします。

 

 

コストパフォーマンスが素晴らしいんですよね。

なんと五十章しかないです。1日五章やれば10日で終了。

1章も見開き2ページですぐ終わる量です。

巷では難しいだの言われていますが、全くそんなことはなく

上に示した参考書をしっかりモノにすれば問題なく取り組めるハズです。

私はこれを三日前にやった章を復習しながら進めていきました。

そのやり方で三周ほどしたので実質六周したことになります。

ポレポレは本当に役に立ちました。

英語の参考書で一番のお気に入りです。

これをやりこめば難関大の英語も読めるようになってくると思います。

 

ポレポレだけでも問題ないですが余力がある人向けに

ライジング英文解釈をお薦めします。

 

これは全部で100章あり、それとExercises問題(実践演習のようなも

の)が数10題付いています。1ページに1章なので思っているよりも

スイスイ進むし、ポレポレをやりこんだならなおさらです。

解説が少し簡素過ぎると感じる人もいるかもしれないので是非

一度中身を確認してみてください。

 

最後は「ポレポレもライジングも簡単すぎるよ!」という人向けに

英文読解の透視図を薦めます。(そこまで英語が完成しているのなら

他の教科に時間を割いたほうが良いとは思いますが、、)

 

長文

大学入試でも多くの比重を占める長文読解についてです。

正直に言って私は長文問題はセンター試験の過去問や各々の受ける

大学の入試問題で演習をすればいいと思っています。

なぜなら上に書いた参考書をきちんとマスターできていればどこの

大学であろうと何も分からないとう状態はありえないと思っているか

らです。さらに傾向には早めに慣れておいたほうが良いということも

あります。どうせやるのだからわざわざ過去問を温めて置く必要はな

いですし、できるレベルになったら手を出して良いと私は思ってい

ます。

 

それをやる上でどうしても無理だと感じたら原因を究明し、その原因

が、”読むスピードが遅く時間が足りない 各文は分かるが全体像が捉

えられない”等と言った長文を読む経験不足によるものであれば文の難

易度が少し落ちた、何らかの参考書をやればよいと思います。

つまりまずは志望校の過去問を解いてみよう、ということ。

 

解説が詳しく、要約などものっている優れものとして

やっておきシリーズをあげておきます。

300はセンターより簡単なレベルなので正直やらなくて良いです。

余程英語に不安のある人は中身を見てから購入検討しましょう。

個人的には500と700に大きな差があるように思います。

よって難関大の長文はイマイチ、、という人は700に手をだしそれが

手も足もでないとうことであれば500をやってみるというのがいい

でしょう。ちなみに1000は所謂超長文で、超長文が出題される大

学を受験される方向け。 長い文章になれるという意味ではいい

かもしれないです。

 

くれぐれも長文の問題集に手を出す時は単語文法解釈の点検を済ませ

てからやるべきだというのを念頭に入れて頂きたいです。

 

まとめ

英語は数学などとは違って安定する科目の一つなので

是非武器にしていただきたいです。

勉強の進め方としては単語と文法を並行でやっていき、解釈が一通り

できるようになったら志望校の過去問、場合により長文問題集を追加

、といった形です。恐らく巷で紹介されているよりも扱う参考書が

少ないように思われた方もいるかもしれないです。

 

ですが、目標は問題集を沢山こなすことではないですよね。

志望校の問題で合格点を取ることが目標です。参考書、問題集を

やるときもどこの分野の点数を上げるためにその本を使っているのか

を常に考えてください。

 

ということで英語については以上です。

気になったことがあれば随時追加するかもしれません。

ここまで読んでいただきありがとうございました。