~悠の徒然ブログ~

日々生活していて思ったこと、読書記録、勉強のことなどについて適当に語っていきます。コメントいただけると喜びます。

大学受験 勉強法・参考書にてついて書く

大学受験

私事になってしまい大変申し訳無いが信用のために言っておくと

私は過去に現役で首都圏の最難関私立大学と呼ばれている大学に理系

一般受験で合格した。

ちなみに国公立が第一志望だったため過去問はほぼ解かなかった。

(完全に受験を舐めていた、、)

 

そんな受験を舐めている人間が上手くいくはずがない。

見事に第一志望の国公立には落ちた。落ちた理由は圧倒的に勉

強時間が少なかったことだ。「勉強は量×質」とはよく言ったもので

本当にそのとおりだと思う。私は質の方にこだわり過ぎたのだ。

そして努力ができない人間だった。本当に。

 

高校に入った時の学力は進研模試(一般に偏差値が高めにでると言わ

れる)で三教科の偏差値が50程度だった。そこからは(一生懸命勉強

することはなく、、)質のみを高めることに熱中するバカになってい

た。だがそれもしなければさらに入試難易度の低い大学に行くことに

なっていただろう。

別に自慢話をするわけではない。(自慢できるレベルではないこ

とも承知している)ただ「量×質」の質の部分に関しては私はとても

自信があると言いたのだ。それを発信したいと思って記事を書くこと

に決めた。

 

努力しているのに(=量はこなしている)のに成績が伸びないという

はいるだろう。心配はいらない。寧ろラッキーと思うべきだ。

私のような努力ができない人間とは違うのだ。質を高めたらごぼう抜

きが可能となる。

 

そこで大学受験を視野に入れている高校生、浪人生に少しでも質の部

分を盗み、あとは努力すればいいだけの状態になって欲しいと思っ

たのだ。勿論胡散臭いと思うこともあるかもしれないが十人いれば十

通りの勉強法があるものだ。自分に合うかもしれないと思った部分だ

け盗み、ダメだと思ったら即捨てれば良い。

 

特に高1、高2生は時間があるため色々試してみて自分なりの勉強法

を探してみるのに時間を割くのも悪いことではないと私は思う。

 

では随時勉強法、参考書についての記事を更新していく。

各記事でどうしても長文にならざるを得ない所もあるだろう。

しかし伝えたいことは最小限にとどめるつもりだ。

是非汲み取って欲しい。