~悠の徒然ブログ~

日々生活していて思ったこと、読書記録、勉強のことなどについて適当に語っていきます。コメントいただけると喜びます。

世界史 勉強法 初学から3ヶ月でセンター9割を取る

私は理系で世界史はセンター試験のみで使った。

ちなみに私は世界史の授業というものを受けたことがない

つまり完全初学からの独学だ。

その時自分なりに考えたやり方で勉強したら短期間で成果がでたので

ここに記そうと思う。また、これから記す内容は初学者向けとなって

いるが学校で世界史の授業を受ける人にも役に立つよう配慮してある

ので心配はいらない。

 

なお私は理系なので二次試験の世界史の過去問は殆ど見たことがないが

恐らくこれから紹介するやり方だけでは国公立二次試験の世界史には

太刀打ちできない。あくまで3ヶ月でセンター試験で9割は取れる、

という情報提供であることを念頭においてほしい。

 

しかしセンター試験で9割というのは基礎が出来ているということ

ある。よって文系勢はこれから紹介する勉強法で基礎を盤石なものに

して追加で二次試験対策をすればよい。理系だろうが文系だろうが

誰もが通る道ということだ。さらに付け加えると3ヶ月で9割と書いた

が恐らくそれより短い時間で済むと思う。私は初め勉強法が全く分か

らなく試行錯誤していた期間があったのでその時間がなければ、、

といった理由だ。

 

<目次>

 

参考書

よく教科書を完璧にすればセンター試験も余裕ということが言われ

る。確かにそうだろう。センター試験の内容は教科書の範囲からしか

でない。よって教科書だけやればいい、理に適っている。

 

しかし私も含め初学者ならよく分かることだと思うが、

初学者にとって教科書は難しすぎる。

いや難しすぎるという表現は少し違うだろうか、世界史の教科書は

教師が教える前提で作られている。(学校で扱うのだから当然だ。)

すると説明が極端に省かれるという現象が起きる。

「~が起きた。~が起きた。」の行間が全く分からない初学者にとっ

てあれを理解するには逐一流れを調べなければならない。

 

あのそこそこ分厚い教科書をやる上で逐一調べていたらモチベーショ

ンが保てない上にいつまで経っても全体像が見えてこない。

よって授業を受けているならまだしも初学者にとって教科書は

不向きだろう。また学校で授業は受けているがイマイチ分かりにく

い、自分で授業よりも先に進めたいという人もいるだろう。

 

そういった人達にまず薦める一冊が「きめる!センター世界史」だ。

きめる!センター世界史【新旧両課程対応版】

きめる!センター世界史【新旧両課程対応版】

 

私は教科書で挫折した後にこちらを読んだがとてもわかり易い。

また分厚いように見えるがそれは厚い紙を使っているからで、

さらに文字が大きいのでむしろ教科書よりも早く読める。

 

図やイラストをふんだんに使っており一読で理解できる。

流石に何周したかは正確に覚えていないが7周以上はしたと思う。

これ一冊でセンター7~8割は狙えると思われる。直前期でどうしても

時間が無いという方はこの参考書にかけて見る価値はある。

 

私の勉強法を紹介しよう。

この本は12章で構成されているが私はそれを1章ずつカッターで切り

取って毎日3章持ち歩いた。そしてスキマ時間も利用して1日3章

読み進めていく。正直最初は読むのに時間がかかってしまうかもしれ

ない。しかし自転車を漕ぐのにも最初が一番たいへんであるのと同様に

一度スピードに乗ってしまえば後は楽だ。

実際私は3周目くらいからは3章を一時間で読んでいた。

一回読んで全て覚えられれば良いのだがそんなことは凡人には不可能

だ。やはりここでも自分なりの復習期間を考えなければならない。

復習期間の話は別の記事で述べているので興味があれば見てみて

欲しい。

さて復習についてだがやはり初めてやる分野のことはすぐ忘れてしま

うので私は前日にやった章を復習しながら新しい章を進めていった。

具体的に言うと昨日1~3章をやったとすれば今日は1~3章と4~

6章をやることになる。勿論復習はさらっとでよい。

 

どうだろう。さらっと復習といえども1日6章を触る。

とても大変だと思ったのではないか。

確かに最初は大変だ。隅から隅まで読まなければならないのだか

ら時間がかかる。しかし何周もすると「ここはもう覚えてるよ、、」

といった部分がでてくる。そこは飛ばして良くなるのであまり苦にな

らなくなるのだ。

 

これは入試までの時間がギリギリでどうしても短期間で結果をださね

ばならぬことを想定しているので時間がある人はここまで頑張らなく

ても良い。前日復習を行わないのであれば

4日で1周できるのだから2周目は5日前のを復習読みすることにな

る。何周も読めばカバーできる範囲だろう。

 

章の題名をみたら中身が大体言えるくらいまで周回しよう。

それだけでもだいぶ実力がつくはずだ。

 

また分からない歴史用語がでてくる場合もあるだろう。

そういった場合に備えて用語集を用意しておこう。

世界史用語集

世界史用語集

 

分からなかったら後回しにせずすぐに調べることを心がけよう。

 

さらにこれは本当に直前期の話になるのだが

きめる!センター世界史を読み込み、一問一答(後述)もやりこんだら

きめる!センター世界史の読み込みを終わりにして

植村センター世界史B講義の実況中継を試験本番まで読もう。

植村センター世界史B講義の実況中継

植村センター世界史B講義の実況中継

 

試験に出るポイントがまとめてあり、講義形式なので楽しく読み進め

られる。図なども多くついていて分かりやすい。

CDもついているので寝る前に聞くのも良いだろう。

 

 用語、年代暗記

歴史用語を暗記するために一問一答を用いる。

山川 一問一答世界史

山川 一問一答世界史

 

センターであればこれで十分だ。

なお注意事項となるが最初から一問一答を使っての暗記は効率が悪

い。参考書である程度流れをおさえ、用語も聞いたことがある程度の

レベルにしておくとスムーズに進むだろう。

「きめる!センター世界史」を三周くらいしたら一問一答に入って

いいだろう。(勿論各々で調整してよい)

1日1章やり、3日前にやった章を復習しながら新しい章を進めて

いった。これも最初はきついが覚えた用語に印を付けていき、それ以

外を進めていくので段々やる量が減っていく。やればやるほど楽にな

るのだ。入試までひたすら周回だ。

 

歴史の入試ではどうしてもある程度年号暗記が必要となる。

年号暗記系の参考書で絶対コレ!というのがあるので紹介する。

高校100%丸暗記 世界史年代: マンガとゴロで

高校100%丸暗記 世界史年代: マンガとゴロで

 

最強すぎる。

なぜ有名じゃないのか分からないくらいだ。私はこれを書店でたまた

ま見つけたのだが本当に感謝している。アマゾンのレビューに中身の

説明も書いてあるので見てきて欲しい。ただの年号暗記で終わらない

のが良い。全部で4つのパートに分かれているが自分は1日1/2パート

やって二日前にやったのを復習しながら進めていった。

二周目くらいでほとんど全て覚えられる。

そういうふうにできているのだ。これにはそんなに時間はかける必要

はない。さっさと覚えてしまおう。

過去問演習

やることをやったら演習するのみだ。

世界史は20分~30分で解き終わってしまうのでスイスイ進んで気持ち

がいい。(勿論見直しはしっかりしよう)

 

過去問演習の本だが私は黒本を薦める。

大学入試センター試験過去問レビュー世界史B 2017 (河合塾シリーズ)

大学入試センター試験過去問レビュー世界史B 2017 (河合塾シリーズ)

 

他にも過去問演習の本はあるが黒本の解説はとても詳しい。

これを遡れるだけ遡って解きすすめよう。

間違えた問題には印をつけて三日後くらいにとき直せば良い。

 

また私はどうしても間違える問題はメモ帳に書いて暇な時に

眺めていた。

 

まとめ

流れとしては最初に「きめる!センター世界史」をやり、

三周くらいした辺りから一問一答、年号暗記を並行でやり始め、

(一問一答は入試本番までずっとやる。年号暗記はすぐ終わる。)

「きめる!センター世界史」が完璧になり、入試直前期(入試1ヶ月

前~2週間前)になったら「植村センター世界史B講義の実況中継」

を入試本番まで読み、それに加えて過去問演習をしよう。

 

このやり方であれば学校でやるより圧倒的なスピードだ。

しかも学校の授業を聞いていれば試験でいい結果が出せるかといわれ

ればそんなことはない。(もしそうだったら授業を聞いているものが

みんな試験本番高得点ということになる。)

 

結局は自分次第なのだ。自学ができるかどうかがすべてだ。受け身で

は良くない。しかし学校にもいいところはある。スピードは遅いにし

ろテキストを読むよりも先生の(つまらないかもしれない)雑談混じ

りの世界史の授業を聞くほうがエピソード記憶として記憶に残りやす

いだろう。さらに先生は世界史が好きでしょうがない。参考書には乗

っていない世界史の裏話もしてくれるはずだ。

 

だからオススメとしては自学でさっさと進めてしまった後に

学校の授業を使って復習するのが一番だ。きっと学校の授業が今まで

よりもためになるように感じられるだろう。

 

以上で終わりになるが、もっと良い勉強方法もあるかもしれない。

自分なりに色々勉強法を研究するのも受験の楽しみの一つだ。

是非頑張って欲しい。