~悠の徒然ブログ~

日々生活していて思ったこと、読書記録、勉強のことなどについて適当に語っていきます。コメントいただけると喜びます。

大学受験 数学 参考書

以前私は大学受験の数学についての勉強法を紹介した。

そこではできるだけ様々な参考書に手を出さず

効果的な努力で楽しみながら数学の実力をつけることを

意識して書いた。

 

しかし確かに一般に普及している勉強法ではないし(効果の自信はお

おアリだが。。)親しみにくい人も多いかもしれない。

 

またいくつかの参考書を用いて段階的にレベルアップしていくという

方法が好みの人もいるだろう。(というかそちらの方が多そうだ。)

 

まずは私の紹介した勉強法を見てもらいたいのだが

それでも合わないと感じた人には自分なりの勉強法をうまく確立して

ほしいという思いをこめ役に立ちそうな参考書を紹介していく。

 

 

初学、独学用

初学者、または自分で学校よりも先の単元をどんどん進めたいという

人にはやはりマセマ数学をオススメする。

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学1

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学1

 

 教科書だけで理解できる場合は教科書だけでよい。

本当に分かりやすく書かれているので

迷ったらこれを買えば良い。普通に授業で学んだ後であれば

次に挙げる青チャートで勉強を進めれば良い。

 

解法暗記用

解法暗記の是非については先にあげた別記事を見ていただくとして

解法暗記用の参考書としては青チャートを薦める。

改訂版チャート式基礎からの数学1+A

改訂版チャート式基礎からの数学1+A

 

 分厚くて終わらない、量が多すぎるという人がいるかもしれないが

私が以前紹介した方法でやればすぐに終わる。そちらを読んで頂きた

い。(ページ上部)

また青チャートよりも少し詳しめ、そして難しめの問題がのっている

のがFocus Goldだ。これと青チャートとどちらを選ぶかは完全に

好みで良い。私は内容が似ている参考書なんかはやる気がでるかで

決めていた。自分で根気強く継続できそうな方で良い。

Focus Gold 4th Edition  数学I+A

Focus Gold 4th Edition 数学I+A

 

 

問題演習用

ここから、以前に紹介した参考書とは変わってくる。

レベルの易しめのものからあげていく。

 

まず青チャートの後にやるべき参考書が良問プラチカだ。

 

 

理系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 5)

理系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 5)

 
文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)

文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)

 

 

理系は数Ⅲもやらねばならないが、数Ⅲの理系プラチカはこの段階

では薦めない。なぜなら数Ⅲの理系プラチカはⅠAⅡBと比べると

格段に難しいからだ。

三冊を難しい順に並べるとすれば

理系プラチカ(数Ⅲ)>文系プラチカ>>理系プラチカ(数ⅠAⅡB)

となる。時間のある文系諸君はまず文系プラチカに手を出した後

すこしきついと思ったら理系プラチカをまず完成させるべきだ。

 

では理系は数Ⅲをやらないのかというとそうではない。

きちんとその穴埋めをする。

その穴埋め教材として1対1対応を薦める。 

1対1対応の演習/数学3 曲線・複素数編 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 曲線・複素数編 (大学への数学 1対1シリーズ)

 
1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

 

問題数もそこまで多くないため比較的短期間で完成させることが

でき、加えて良問が揃っている。キチンとすべて理解すれば

かなり力がつく。解説が堅苦しいなどの声もあるが青チャートを

しっかりこなせている人にとってはなんら問題ないので安心

して欲しい。

 

理系の人が上記の参考書をこなした後、さらに力をつけるために

やるべき参考書としてはやさしい理系数学、

またはハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略を薦める。

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

 

 

ハイレベル 数学I・A・II・B の完全攻略 (駿台受験シリーズ)

ハイレベル 数学I・A・II・B の完全攻略 (駿台受験シリーズ)

 
ハイレベル 数学IIIの完全攻略 (駿台受験シリーズ)

ハイレベル 数学IIIの完全攻略 (駿台受験シリーズ)

 

 

やさしい理系数学はやさしいと書いてある割に難しいということで

有名な参考書だが、そこまで難しいわけでもない。(笑)

この参考書の特徴としては何と言っても別解の豊富さだ。

一つの問題を様々な視点から見れる。

 

ハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略の特徴は

解説の詳しさだ。一つの問題に対して少なくとも4ページは

割かれている。一つの問題をやることで他の問題に適応できる

応用力が効率よくつけられる。また、問題数も少ない(二冊合わせて

も90題弱)ので途中で投げ出す心配も少ない。

 

勿論、やさしい理系数学とハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略

の二冊両方をやる時間があるなら二冊やったほうがいいが

流石にここまでやると時間がなくなる人が多いかもしれない。

どちらか一方をやるのだったら私はハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの

完全攻略をお薦めする。

 

 

 

文系の人は正直文系プラチカを何周もして完璧にすれば

ほとんどの大学で合格点が取れるだろう。

文系プラチカを飽きるまでやったあと過去問に挑み、苦手分野が

判明したら苦手潰しに取りかかればいい。(青チャートに戻ったり、

市販の分野別の参考書に取り組む)

 

しかしどうしてももっと難しい参考書をやりたいという人もいるだろ

う。(無論他教科とのバランスも考慮した上で)

 

そういった人は先にあげた数学ⅠAⅡBの完全攻略に取り組むか

マセマのハイレベル文系・理系数学ⅠAⅡBを薦める。

解説がスバラシク親切なハイレベル文系・理系数学I・A,II・B―新課程

解説がスバラシク親切なハイレベル文系・理系数学I・A,II・B―新課程

 

解説がスバラシク親切な~と書いてあるが本当にその通りで

このレベルの問題に取り組む人にとっては流石にここまでの解説は

いらないんじゃないかと言いたくなるほどの詳しさだ。

解説を一度で理解できないところはないだろう。

 

まとめ

 以上で参考書の紹介を終わる。

数学の一番オススメの勉強法はページ上部にあげた記事の内容

なのだが、それが合わないと言う人のために参考書での

勉強法もあげた。

 

加えて注意してほしいことなのだが数学(他の科目

もそうだが特に数学)の勉強は絶対に焦ってはいけない。

基礎を固めていないと後半の伸びは期待できない。

最初が一番肝心なので青チャートには本当に全力で集中して

取り組んで欲しい。分からない所を放置するなど言語道断である。

 

数学は一番差がつく科目、これは間違いない。

理系文系問わず数学が得意になると一気に受験が有利になるので

是非数学を得意科目にしてほしい。