~悠の徒然ブログ~

日々生活していて思ったこと、勉強のことなどについて適当に語っていきます。コメント歓迎いたします。

大学受験 数学 参考書

以前私は大学受験の数学についての勉強法を紹介しました。

そこではできるだけ様々な参考書に手を出さず

効果的な努力で楽しみながら数学の実力をつけることを

意識して書きました。

 

今回は上記事で紹介している「月刊 大学への数学」が合わない人(一

定数存在するらしいので)用に勉強法を書こうと思います。

 

 

 

 

初学、独学用

初学者、または自分で学校よりも先の単元をどんどん進めたいという

人にはやはりマセマ数学をオススメします。

教科書だけで理解できる場合は教科書だけでよいです。

本当に分かりやすく書かれているので

迷ったらこれを買いましょう。普通に授業で学んだ後であれば

次に挙げる青チャートで勉強を進めれば良いです。

 

解法暗記用

解法暗記の是非については先にあげた別記事を見ていただくとして

解法暗記用の参考書としては青チャートを薦めます。

 分厚くて終わらない、量が多すぎるという人がいるかもしれないが

私が以前紹介した方法でやればすぐに終わるので、先にあげた記事を

読んでいただきたいです。

 

また青チャートよりも少し詳しめ、そして難しめの問題がのっている

のがFocus Goldです。これと青チャートとどちらを選ぶかは完全に

好みで良いです。私は内容が似ている参考書なんかはやる気がでるか

で決めていました。自分で根気強く継続できそうな方を選びましょう。

 

問題演習用

ここから、以前に紹介した参考書とは変わってきます。

レベルの易しめのものからあげていきます。

 

まず青チャートの後にやるべき参考書が良問プラチカです。

 

 

 

理系は数Ⅲもやらなければならないですが、数Ⅲの理系プラチカはこ

の段階では薦めません。

なぜなら数Ⅲの理系プラチカはⅠAⅡBと比べると格段に難しいから

です。

三冊を難しい順に並べるとすれば

理系プラチカ(数Ⅲ)>文系プラチカ>>理系プラチカ(数ⅠAⅡB)

となります。時間のある文系はまず文系プラチカに手を出した後

すこしきついと思ったら理系プラチカをやった方がいいいかと。

 

では理系は何をやるのかとなりますが1対1対応をお薦めします。 

問題数もそこまで多くないため比較的短期間で完成させることが

できて、加えて良問が揃っている印象です。

キチンとすべて理解すればかなり力がつきます。

解説が堅苦しいなどの声もありますが青チャートを

しっかりこなせている人にとってはなんら問題ないです。

 

理系の人が上記の参考書をこなした後、さらに力をつけるために

やるべき参考書としてやさしい理系数学、

またはハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略を薦めます。

 

やさしい理系数学はやさしいと書いてある割に難しいということで

有名な参考書ですが、そこまで難しいわけでもないです。

この参考書の特徴としては何と言っても別解の豊富さ。

一つの問題を様々な視点から見ることができます。

 

ハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略の特徴は

解説の詳しさです。一問に対して少なくとも4ページは

割かれています。一つの問題をやることで他の問題に適応できる

応用力が効率よくつけられます。

また、問題数も少ない(二冊合わせても90問弱)ので途中で投げ出す

心配も少ない。

 

勿論、やさしい理系数学とハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの完全攻略

の二冊両方をやる時間があるなら二冊やったほうがいいですけど

流石にここまでやると時間がなくなる人が多いかもしれないです。

どちらか一方をやるのだったら私はハイレベル数学ⅠAⅡB・Ⅲの

完全攻略をお薦めします。

 

 

 

文系の人は正直文系プラチカを何周もして完璧にすれば

ほとんどの大学で合格点が取れると思います。

文系プラチカを飽きるまでやったあと過去問に挑み、苦手分野が

判明したら苦手潰しに取りかかればいいです。(青チャートに戻った

り、市販の分野別の参考書に取り組む)

 

ですが、どうしてももっと難しい参考書をやりたいという人もいるかと思います。(無論他教科とのバランスも考慮した上で)

 

そういった人は先にあげた数学ⅠAⅡBの完全攻略に取り組むか

マセマのハイレベル文系・理系数学ⅠAⅡBをお薦めします。

解説がスバラシク親切な~と書いてありますが本当にその通りで

このレベルの問題に取り組む人にとっては流石にここまでの解説は

いらないんじゃないかと言いたくなるほどの詳しさでした。

解説を一度で理解できないところはないと思います。

 

まとめ

 以上で参考書の紹介は終わりです。

 

注意してほしいことなのですが数学(他の科目もそうだが特に数学)

の勉強は絶対に焦ってはいけません。

基礎を固めていないと後半の伸びは期待できないです。

最初が一番肝心なので青チャートには本当に全力で集中して

取り組みましょう。分からない所を放置するなど言語道断です。

 

数学は一番差がつく科目、これは間違いないです。

理系文系問わず数学が得意になると一気に受験が有利になるので

是非数学を得意科目にしてほしいです。